プレマシーテキビシー

o2センサー替えたいんだけど取れないのよねと同僚からSOS。
いわゆるセンサー用のSST、ウチのは12角なので舐めちゃったとか。
交換するので配線切断して6角ディープソケットで攻めるもビクともしない。
かじってる感じがする。
すでに焼いてるみたいなので次は冷やしてみますかね。
シューとして、フン!
折れました。
ま、そーなるわな。
ほんじゃまっと

エキマニ外して
(他のボルトは錆びても無いしかじってもいないのでサクサク進む)

折れたこいつをチェストー!

と外して、後は組み上げて担当者にお返しです。
スポンサーサイト

作業台

作業台って高いのよね。
てな訳で仕事の合間に自作しますかね。
さすがにある程度の大きさの物になるので端材では何ともならないので、先ずは最寄りのホームセンターへ買い出し。自作のメリットは自由度と低予算だと思うので予算は3万以下で何とかしたい所。
チョロチョロっと設計図書いてから材料切りましょう。

切断機でカットなんでここまでは早いんだけどバリ取りが地味に大変よね。ヤスリでシコシコします。ミサイル兄さんはNCハンドだそうですが、私はMCハンド。マシニングセンタでは無くメッチャちゃらんぽらん。

まずはちょんちょんと枠組みましょ。
床がフラットでないので歪むことこの上ない。水平器を信じてそれっぽくね。
そんな事よりもこの時点で寸法が間違ってるのに気付く・・・。5センチ足りない箇所がある。天パ選手早速MCハンドの一端が見えてます。

ま、なんとかしてみる。お安く作るのが主題なので鋼材の追加はアリエナイのよね。
設計も変えられる自由度の高さが自作の醍醐味よと一人頷く。

サクサク進めていきます。天板乗っけて、錆止め塗って。
天板は1500×700×4.5の鉄板なので一人で持つのは辛い。
工場が狭いのでキャスターつけてあっちこっち行けるようにしてます。このキャスターが一番高いのよね。

上塗りは余ってるペンキを豪快に刷毛塗り。
写真だとキレイ見えるけど実際は垂れ垂れの刷毛目跡たっぷり。自家用なんでそこは気にしない。

移動のために取っ手付けて、作業する部品に傷つきにくいようにウッドトップにしてみたり。
ニスは環境を考えて水性。色はマホガニー色を選択。うん、色が合わない。

テキトーに買ったらボルトの長さが足りない。
適当にしなくちゃダメね。

壁板もニス塗って、端材を棚板にしてみたり。最後にバイス固定してひとまず完成かな。バイスは中古だけど日本製なのでなかなか良い感じ。剛性って大事よね。

なんか物作るの楽しくなってきたので、ついでに重量台車も作成。市販の台車だとすぐ凹むし2000ccあたりのエンジンになると重くて動きが悪くなるしね。言うてもうちの台車が安物ってだけなんだけどね~。
こいつの材料費は1万程でしたから市販品と同程度の値段。安くがメリットの自作なのに・・・。量産ってのはすごいねや。だけども対荷重は500kgと2倍近いはずと計算して無いけどそう思ってるので良しとしときましょう。重さは3倍有りますがね。赤くして角つけるべきだったかな。
高さも少しつけたのでバイク修理時には作業台にもなるはず。
次は門型クレーンが作りたいところ。

最近のお仕事

忙しいんだか暇なんだかバタバタするばかりで進まない日々。
細々と最近のお仕事。

自家用のトラックのサイドブレーキライニング剥離しちゃったので交換したり。
紺屋の白袴でなんともお恥ずかしいですが、なんせヴィンテージなトラックなのでお手数かかります。

ご近所の方の除雪機のスキッド交換したり。
これは削れるのでTHE消耗品。仕舞う前に修理しとかんなんやろ?なんて言われるとなんか頑張っちゃう。なのでケッタマシーンで出張修理。

他にも除雪機の歪んだブロアを

修正したり。

他にはハーレーさんの架装?改造?
ミッシリ塊感のあるここを

スッキリとしてみたり。
スカチューンなんて言われてるらしいですね。
SKAチューンなら東京スカパラダイスとWhat's love?
配線の取り回し変更では無理なので延長してます。

こんな感じで継ぎ接ぎ部分はズラすのが天パ流。理由はwebで。

カローラフィールダー

車検にて入庫です。

減ってるベルトは交換。

段付きしてるプーリーも替えときます。鳴きの原因になるので走行距離の伸びてる車はオススメしたいところ。

ヒーターホースの三又も変色してきてるので予防で交換。色変わってるのは対策品なんかね。

ヒーターホース交換ついでにスロットルボディーもきれいにしてみたり。
トヨタの電スロリセットは簡単で良いやね。

いわゆるルーチンワークなスライドピンにグリスぬりぬり。写真用に増量してみたりみなかったり。パッドクリップもキレイにね。

点灯時にチラつくバーナーも交換。
HIDはお安く無いのでつい激安品に目が行きがちですけど私はオススメしてません。
そういえばD2とD4は互換無しなはずなんだけど取り付けはなんか出来ちゃうとか、フールプルーフ仕事しろよ。
交換後はcdもアップして車検もラクラク通過で完了です。

パッソるセッテ

エンジン切ったらライト点くねん、で入庫。
そしたらエンジン切らなかったええねん、とも言えないので修理にかかりましょう。
先ずは現象確認。
イグニッションonでライトスイッチoff、当然消えてる。
次いでイグニッションoffでライトスイッチoff。ありゃ?訴えと違い点かないじゃん。
車屋に来ると直っちゃうってパターン?
徐にライトスイッチをonにしてからoffしてみる。お~消えない、成る程確かに点いてる。
そこでイグニッションon~off繰り返してみる、現象確認出来ましたので点検していきましょう。

先ずはお手元の資料からご覧下さいませ。
なんて用意してくれる人も居ないので自分で出力。
至ってシンプルな回路ですね。
とりあえずライトスイッチ辺りから点検してみます。理由は無くて気分的に。
現象出現時にコネクタ抜くとライトが消える、スイッチあかんのか?あかんのや!と交換出来る勇気も無いのでゴソゴソと。
スイッチは異常無し、んだばコネクタの端子の電圧はと

おろ?なんか変な数字。今はイグニッションoff。
んでイグニッションonにすると

うん、正常っぽいな数字やね。
どうも配線上のトラブルですか、メンドくさい匂いがぷ~んとしてくる。
した所で何も変わることも無いので怪しそうな所を勘で探してみましょう。
配線よりもコネクタ辺りでの不具合では無かろうかと思い込んでレッツバラバラハートは赤い薔薇。

っていう感じで被疑者発見。足元のジャンクションブロックに潜伏の模様、なお共犯者の可能性も有り。

主犯格はジャンクションブロックの模様。
ん~でもこの様子だと黒幕の気配がするんでねえの?
なんてセクシー大下な感じを出しつつコネクタとジャンクションブロックの清掃。
緑青拭いてるのはお湯で洗うが天パ流。
そして念入りなエアブローが天然パーマへの第一歩。
雨漏りの線は無さそう、足元に魚の鱗がチラホラと。荷室にはトロ箱が多数。そして湿気っぽい車内、足元という場所。
なんと無くだけど、根本治療は難しそうなので対症療法的に

こんなのに願いを込めて組み上げマッスルハッスル。
不具合解消しましたのでライトスイッチコネクタでの電圧チェック

お、良さげな数値なので完了としましょう。

続きを読む

プロフィール

Author:天パ
自動車修理暦20年の天然パーマが独断と偏見と思い込みでぼやくブログ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR